見上げてごらん あなたの空だよ。

  • ホーム
  • ピピオの家&はばたけ荘のご紹介
  • 子どもシェルター「ピピオの家」
  • 自立援助ホーム「はばたけ荘」
  • 入居から退去までの流れ

子どもシェルター「ピピオの家」

  • 「ピピオの家」は、虐待などにより帰る家や居場所がない子どもたちのためのシェルター(緊急避難場所)です。
  • シェルターという性質上、所在場所や非公開となっており、安心して過ごすことができます。入居期間は、長い場合でも2か月を目途としています。
  • 「ピピオの家」は一戸建て住宅で、専門スタッフが常駐し、家庭的な雰囲気のある場所です。
  • 入居した子どもには担当の弁護士がつき、子ども本人の悩み・不安、意向を聞きながら、保護者との対応・調整、児童相談所・家庭裁判所・ハローワークなど関係諸機関と連携し「ピピオの家」を出た後の行き先の調整などを行います。
ピピオの家 写真01 ピピオの家 写真02

ピピオの家 Q&A

ピピオの家についてよくいただく質問をまとめました。

「ピピオの家」は、どんな場合に入れますか?

「ピピオの家」は、<家で暴力を振るわれている><今日帰る家がない・眠る場所がない>など、行き場がないときに利用できます。

「ピピオの家」に入れる年齢や性別は決まっていますか?

14歳くらいから20歳になるまでを対象としています。 女の子用です。

「ピピオの家」に入るには、どうすればよいですか?

ピピオ子どもセンターの事務局(082-221-9563)に電話で相談してください。担当の理事・弁護士が面談し、入居の意思を確認します。 なお、「ピピオの家」の定員や、すでに入居している子の状況によっては、入居できない場合もあります。

「ピピオの家」では、食費や宿泊費などのお金がかかりますか?

お金はかかりません。

「ピピオの家」に入ったあとは、どのような生活をするのですか?

まずは、ゆっくり休んでください。 入居した子どもたちは、それぞれの居室でくつろいだり、共用スペースで他の子どもや専門スタッフ、ボランティアスタッフと一緒に食事、テレビ、会話などを楽しんだりして過ごします。「ピピオの家」は、家庭などから避難してくる子どもを守るところなので、原則、一人での外出はできません。また、携帯電話や通信機能のある音楽プレイヤーなどは預かります。

「ピピオの家」に入りたいと思っていますが、「ピピオの家」を出たあと、どうすればいいのかわかりません。

「ピピオの家」に来るときは、どの子もたくさんの不安をかかえています。 入居してゆっくり休み、気持ちが落ち着いたら、子ども担当弁護士が、「ピピオの家」を出たあと、どこに行けばよいか、どうやって生活すればよいか、あなたの思いを尊重しながら一緒に考えていきます。

自立援助ホーム「はばたけ荘」

  • はばたけ荘は家庭などに居場所がなく、就労して生活していかなければならない子どもたちに生活の場を提供し、日常生活や就労などを支援する自立援助ホームです。
  • 入居した子どもは、仕事をしながら毎月3万円の寮費をおさめます。また、入居している間に、自立のための資金や、家事、社会で必要な知識など生きていくための力を貯めていきます。
  • はばたけ荘も一戸建て住宅で、専門スタッフが常駐しています。入居した子ども一人ずつに担当の弁護士がつき、保護者や関係諸機関との調整などを行いながら、専門スタッフとともに、社会に羽ばたいていくための支援を行います。
「はばたけ荘」写真01 「はばたけ荘」写真02

はばたけ荘 Q&A

はばたけ荘についてよくいただく質問をまとめました。

「はばたけ荘」は、どんな場合に入れますか?

「はばたけ荘」は、家庭などに居場所がなく、今後、就労して自立せざるをえないときに利用できます。

「はばたけ荘」に入れる年齢や性別は決まっていますか?

中学校卒業後から20歳になるまでの子を対象としています。男の子用です。

「はばたけ荘」に入るには、どうすればよいですか?

ピピオ子どもセンターの事務局(082-221-9563)に電話で相談してください。担当の理事・弁護士が面談し、入居の意思を確認します。 なお、「はばたけ荘」の定員や、すでに入居している子の状況によっては、入居できない場合もあります。

「はばたけ荘」では、食費や宿泊費などのお金がかかりますか?

「寮費」として毎月3万円を払ってもらいます。これは、食費、部屋代、水道光熱費などです。

アルバイトや仕事をしたことがないので、働くことが不安です。

「はばたけ荘」を出て自立していくためには、アパートに入るための資金や最低限の生活費を稼げるようになることが必要になるので、例えば、一日6時間以上、週5日以上の仕事が望まれます。 初めてで不安があるときは、どんな仕事ができるか、どれくらいのペースで働くか、子ども担当弁護士やスタッフなどまわりの大人と一緒に考えてみましょう。実際の仕事さがしなども支援します。

外出はできますか?門限などのルールはありますか?

外出は基本的に自由ですが、門限は夜9時としています。 また、友人・知人を「はばたけ荘」に連れてきたり、中に入れたりすることはできません。

携帯電話をつかうことはできますか?

携帯電話を使うなど、外部の人と連絡することはかまいません。(使用料金がたくさんかからないようにして、給料からできるだけ貯金できるようにしましょう。)

どのくらいの期間、いることができますか?

入居する子によってそれぞれだと思いますが、概ね半年から1年くらいの期間が考えられます。 自立するための仕事や経済状況が安定し、生活の力が身についたときが、「はばたけ荘」を出て«羽ばたいて»いくときとなります。

「はばたけ荘」から学校には通えますか?

はい。学校に通い、卒業を目指すことはできます。

「ピピオの家」・「はばたけ荘」 入居から退居までの流れ